男性型薄毛はプロペシアとミノキで治るが副作用が怖い

男性型薄毛はプロペシアとミノキで治るが副作用が怖い

男性型薄毛はプロペシアとミノキで治るが副作用が怖い

先ず、初めに私の父親家計は父、祖父共に男性型M字ハゲだった事を記憶してます。自分が、小さいとき写ってる写真でも既に父親の前髪は薄く上に上がってしまっていました。当時父親は二十代後半だったと思います。かなりの天パーだったので前髪で隠すこともできなかったのでしょうか。

 

そんな私も高校生の頃から額のM字を気にしながらも(今考えると気にしすぎな所もありますが…)やはり、それでもカッコをつけたくて毛の色を抜いたり、染めたりしてヘアースタイルを楽しんでいました。そのヘアースタイルもM字の際を見せない様に気を使っていましたが、やはりオシャレもしたいと言う日々揺れ動いていました。

 

あの頃はベッカムフィーバーもありソフトモヒカンが流行りました。外に遊びに行く際は特に前髪とトップをワックスやスプレーで固めて行くことは当たり前でした。特に遊園地はかなり、しっかりとセッテイングしていました。ジェットコースターがありますしね。最近は水を使ったイベントもありますし、プールや海やスーパー銭湯は更に気を使いました。

 

元々髪質や髪の毛の多さ自体は剛毛で固く多く太くて、今でも美容院でも『多いですね~』と美容師に言われます。前髪以外ですが…最近はツーブロックが流行ってますね。自分も取り入れてはいますが、後ろからサイドは問題ないのですがサイドから前当たりはM字は悩みますね。いっそうの事短めにすると目立たないと言いますがそんな勇気も無く、坊主にすれば…イヤイヤキャラじゃないしね。

 

そんな事を男性型薄毛の人絶対に1度は悩む所ですね。現在はハゲ予防の薬を3種類も毎日飲んでいます。シャンプーも使い指の腹でマッサージするように洗髪もしていますが、ヘアカラー等もやはりしてしまっています。ハゲ予防の薬には副作用もあるみたいですが…今のところ精力減退等はなく過ごせてますがさすがに、心配にはなりますよね。

 

あとはミノキですが、こちらも循環器系に影響を与えたり副作用リスクがあるということで、慎重にならざるをえません。また、ヒゲや体毛が濃くなる多毛症 症状に悩む人もいるようで、そのあたりもどちらの毛を取るかという選択になるかもしれませんね。命を取るか、髪の見た目を取るか用法用量守って出来るだけ長く付き合いあがいてみたいですね。


ホーム RSS購読 サイトマップ