ルイボス茶が薄毛にいい理由

ルイボス茶が薄毛にいい理由

ルイボス茶が薄毛にいい理由

薄毛対策は一つではなく、総合的にケアしていくことが有効です。日頃の食事や運動もそうですが、頭皮環境を正常に保つことやストレス発散なども必要です。髪が脂っぽくべたつくという人は皮脂を減らすシャンプーが効果的ですし、逆に乾燥し過ぎている人はしっかりと保湿してあげることも大切です。

 

食事にも色々薄毛にいいと言われるものもありますが、基本的には脂ものを控えながらバランスよく何でも食べることが大切です。またお酒の飲み過ぎもあまり良くなりと言われていますが、逆に改善効果があるといわれる飲み物もあります。

 

その中で、密かに薄毛改善効果が期待できるのがルイボス茶。抗酸化作用が強く薄毛対策をできます。ここでは薄毛に効くルイボス茶について解説します。

 

ルイボス茶は南アフリカ原産でアスパラサス・リネアリスと呼ばれる植物の葉や枝を発酵して作るお茶です。ルイボスと言うのは赤いかん木という意味で、現地では不老長寿の飲み物と言われています。

 

植物は本来、自分自身を紫外線の害から身を守るために、体内に強い抗酸化力を備えています。特に、ルイボス茶の抗酸化力は高くて、抗酸化作用を持つたくさんの種類の物質を含んでいます。

 

それは植物なら全般的に見られるものから、ルイボス特有のものまで幅広いです。一口で抗酸物質とは言ってもその作用はいろいろで、ガンを抑えたり、肝機能を改善したり様々あります。

 

健康を守るためにはいろいろな種類の抗酸化物質を摂取するのが望ましいです。ルイボス茶は頭皮に塗れば薄毛に効果的。理由はすばらしい抗酸化物質を含んでいる事と、ミネラルも豊富で、そのバランスが生命が誕生した原始の海に非常に近いというのがその理由です。

 

原始の海のミネラルバランスが人間の細胞を活性化させる命の源とも言われます。細胞が活発になり新陳代謝が改善すれば、頭皮表面の血液もスムーズに流れるようになります。毛根が残っているのなら、新しい髪の毛が生えてきて髪に栄養が行き渡り、髪質が改善されるでしょう。

 

また、細胞を活性化させる作用があるフラボノイドも含まれているルイボス茶ですから、育毛水としても適しています。髪が薄くて悩んでいるのなら、ルイボス茶を飲んでみましょう。きっとあなたの髪にいい変化が現れるでしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ