加齢によるポニーテールのボリュームダウンを改善するために

加齢によるポニーテールのボリュームダウンを改善するために

加齢によるポニーテールのボリュームダウンを改善するために


若い頃、ポニーテールを結ぶと太くてボリュームがありました。それが悩みでもあって「もう少し髪の毛の量が少なかったらいいのに」なんて当時は思っていました。今考えると、なんて贅沢な悩みなんだ!と呆れてしまいますが・・。

 

結婚・出産を経て、30代を過ぎたあたりから確実に抜け毛が増えはじめ、今は髪の毛を一つに結んでも、以前のようなボリュームは失われています。抜け毛は昔から多かったのですが、若い頃はいくら抜けても髪のボリュームは保たれたままだったので、健康で新しい髪の毛が作られるサイクルも早かったのだと思います。

 

今までは夫の抜け毛ばかり気になっていたけれど、いよいよ自分も髪のボリュームを気にするような年齢に差し掛かったんだ、とショックを隠し切れません。

 

私が抜け毛を気にし始めたきっかけは「写真」です。写っている自分を見た時、髪の毛の特に頭頂部あたりに目が行きました。「あれ?こんなに地肌って見えていたかな・・?」頭皮の白い部分が目立つようになってきた事を写真で客観的に知ったのです。

 

一度その事に気付くと、どんどん自分の頭髪が気になりました。「髪が薄くなってきたと思われてるだろうな」と考えると、友人の視線が怖くて人に会うのも何となく億劫に感じました。それでも日々の生活を送る上で、誰にも会わないように過ごす事はできません。髪型を工夫して分け目をこまめに変えてみたり、少しでも地肌の白い部分が目立たないように努力しています。

 

髪型の工夫は一時しのぎなので、シャンプーを強く擦りすぎないようにしたり、髪の毛の主成分であるタンパク質を多く含む食事メニューを考えたりしています。今は、女性用の育毛剤なども増えてきているので、興味があります。

 

また、最近では男性でも女性でも可能なヘアタトゥーという技術があるみたいです。知らない人も多いと思いますが、要はアートメイクのような容量で頭皮にアートで髪を描く技術ですね。髪の密度をアップさせるような描き方もできるみたいなので、薄毛対策の最終的な選択肢としてはアリなのかなと思っています。

 

ヘアタトゥーを詳しく知りたい方は下記サイトが参考になります。
http://ヘアタトゥー.net/


ホーム RSS購読 サイトマップ