髭を抜く時に起こる肌トラブル2選

髭を抜く時に起こる肌トラブル2選

髭を抜く時に起こる肌トラブル2選


男性の髭の処理方法は人によりいろいろですが、定期的に抜いている人もいます。

 

ですが、髭を抜くという行為は時にトラブルを起こす原因になるのです。ここでは髭を抜いた時に起こる肌トラブルについて知りましょう。

 

毛嚢炎が起こる髭を抜いた時に毛包にダメージを与えてしまい、その箇所に細菌が入り込みます。その結果、毛根周辺に炎症が生じたり、化膿したりするのです。

 

もしも毛嚢炎が起きた時には軽い場合には特に治療しなくても自然に治る事が多いです。しかし、炎症が生じている部分には消毒するなど出来る限りの対処をしておきます。

 

症状がひどいなら医師に相談するようにしましょう。

 

色素沈着が起きるまず紫色をしている色素沈着の場合はヘモグロビンが影響しています。

 

ヘモグロビンとは血管の中で酸素を運搬する働きをしています。髭を力づくで抜いてしまう時に、毛細血管が破けます。その事で血液に含まれているヘモグロビンが皮膚に沈着する事で起こります。

 

そもそもはヘモグロビンの色は赤色をしているものですが、酸素を失って皮膚に沈着する時には紫色に変色します。また黒っぽい色素沈着が起きるケースもあります。これはメラニンと言う色素が関係しています。

 

メラニンが発生する理由は髭を抜いた時の炎症から肌を守るためです。髭の処理方法は男性それぞれに違いますが、抜くという作業は時に肌トラブルを起こします。ついつい力ずくで抜いてしまったりする人は気を付けるようにしましょう。

 

髭を薄くするアイテムはある?
男性用のヒゲ専用クリームやジェルなども市販されています。これを使うとヒゲが徐々に柔らかくなり、最終的には濃さがマシになるということです。完全になくなることはありませんが、少しでも薄くしたいという方は試してみてはいかがでしょうか。

 

下記ランキングサイトも参考までにどうぞ。
参考:【自然な濃さに!!】髭を薄くするジェルクリーム比較ランキング※


ホーム RSS購読 サイトマップ